心臓とは?心臓病の症状と治療法はどんなものがあるのか?

心臓とはどのようになってる?

人間の心臓は二心房二房室と言って4つの部屋に分かれてます。この形の心臓は哺乳類や鳥類にみられますが、魚類などには一心房一房室として人間とは違ってきます。妊娠して最初に出来上がるのがこの心臓でもあり、この心臓が動いて初めて妊娠してるとされるのです。心臓は全身に血液を送り出す大切な役割があり、脳には全体の15%ほどの血液が流れます。血流が減少すると立ちくらみなど起こりますが、もっと酷くなり、全体的に機能が働かなくなると心臓病などの大きな病気へと発展してしまうのです。

心臓病とはどんな病気?

心臓病は先天的な異常を原因とする場合や生活環境が原因となる場合があります。前者の場合は、心臓の血管の奇形という形で異常が見られることが多いです。そんな異常は産まれてすぐに気づく事もありますが程度や個人差によって自然に完治する事もあります。後者の場合は、高血圧や動脈硬化など食生活などから起こる事が考えられます。このような場合はまずは食生活の見直しや定期的に検査を受ける事が良いでしょう。場合によっては一気に症状が悪化する場合があります。

心臓病の治療法ではどんな方法をとる?

心臓の役割は、血液を全身に送り込む事ですので、その為に血管拡張剤などの内服をはじめとする症状に合わせた薬の内服がされます。産まれた時の心臓疾患などで重い心臓病の時は心臓移植などが行われています。しかし移植をしてくれるドナーがそんなにいるわけではありません。そんな心臓病の手術の中に、人工心肺装置をつけるという手術法があり、心臓と肺は人工的なものを代行して使う事でき、心臓病の手術をするにあたって大きな前進したといえるでしょう。

僧帽弁閉鎖不全症によって心臓に負担が大きくなった場合の手術には人工弁と生体弁を使う方法があるので医師と相談して決めることが大事です。